賢く利用したいコンビニATMの手数料を比較

コンビニATMでは特定の銀行のキャッシュカードだけでなく、都市銀行をはじめ地方銀行、信用組合などのほか、生命保険会社や証券会社、消費者金融などの貸金業者のカードが利用できます。 コンビニATMはメンテナンス時間をのぞき、24時間365日利用できるのが基本ですが、各金融機関によっても利用時間帯や利用できるサービス内容が異なりますので注意しましょう。 手数料も同じATMなら同料金ではなく、利用する金融機関や土日祝日の別、早朝、深夜などの時間帯によっても異なるのが一般的です。 また、入金はいつでも無料、出金は利用時間帯や金額によって手数料が異なるなど、利用するサービスによって異なるケースがあります。 なお、コンビニが独自に設置するATMのほか、特定の金融機関が直接設置しているケースがあります。 その場合、その金融機関のカードをお持ちで、残高が一定以上あるなどの条件を満たすと、特定の回数もしくは何度でも無料で全てのサービスを利用できるケースがあります。 頻繁にコンビニATMを利用する機会のある方は、こうした無料サービスを比較して金融機関を選ばれるといいかもしれません。 一方、カードローンやキャッシングなどの借入れの場合には、利息制限法との関係で手数料に上限が設定されています。 借入れ、返済ともに1万円以下なら105円、1万円超しなら210円となり、どこのATMを利用しても同じです。 ただし、特定のATMに限り、無料で利用できるサービスもありますので事前に確認しましょう。